HOME > お知らせとイベント > お知らせ > パネルディスカッション in 三重テラス

お知らせとイベント

パネルディスカッション in 三重テラス

11月18日(月)東京都中央区日本橋の「三重テラス」において、パネルディスカッション”三重でキャリアアップしませんか-若手医師を応援します-”が開催されました。

パネリストとして、田村憲久厚生労働大臣、仲眞美子川崎南部病院健康管理センター所長(三重県南牟婁郡御浜町出身)、鈴木英敬三重県知事と当センター長である内田淳正三重大学長が出席され、司会の加藤ゆりさん(三重県四日市市出身・タレント)の進行により、三重県及び国の医療政策、医師確保対策など、Uターン医学生を含め県内の医療従事に興味を持ってもらえるよう、熱心な意見交換が行われました。

三重県が県外で医療政策、医師確保対策などについて情報発信するのは今回が初めてであり、三重県にゆかりのあるパネリスト達による三重の医療の発信を、参加いただいた首都圏の医学生や病院関係者ら約50名の方々は興味深く聴講されていました。

また同会場では、11月17日(日)~19日(火)の期間、「三重県の医療分野の取組紹介」として、ロボットスーツHALの装着体験と県内で活躍する若手医師や研修病院のパネル展示紹介なども併せて行われ、多くの方々の来場がありました。

 

IMG_0407 IMG_0404 IMG_0415 IMG_0398 IMG_0412 IMG_0351 IMG_0387 IMG_0352 IMG_0390 IMG_0391 IMG_0375 IMG_0357 IMG_0362

» お知らせとイベント一覧ページへ戻る