HOME > センター概要

センター概要

三重県地域医療支援センターとは?

“みんなで守ろう三重の医療”を合言葉に、初期臨床研修を修了後、県内の医療機関での勤務を開始される若手医師のみなさんが、キャリア形成に不安を持つことなく三重大学病院を基幹施設とした研修病院群を形成し、基本領域の専門医資格を取得することを目的に設立された機関です。

センターが用意する研修プログラム等の特徴

医師のイラスト
  • 専門医資格の取得ができます。
    (サブスペシャリティ分野の取得にも繋がっています)
  • 特色の違う病院での研修を経験できます。
  • 研修プログラムはオーダーメイドです。
  • 医局の入局、大学院入学、留学もできます。
  • 多彩な症例を経験でき、技術・臨床能力の向上が図れます。
  • 県外の大学出身者も大歓迎です。

卒前・卒後教育関連機関連携体制

卒前・卒後教育関連機関連携体制

組 織 図

組織図イメージ

事業内容

運営協議会

  • 医師の地域偏在を解消するにあたっての問題意識や情報等の地域医療関係者間による協議を行います。
  • センターの運営方針及び業務内容に関する助言を行います。
  • 医師のキャリア形成支援のための有効な方策の検討を行います。
  • その他センターの業務に関する重要事項の検討を行います。

地域医療支援センター(県庁)

  • 地域医療支援センター実施事業の企画・立案を行います。
  • 自治医大卒医師のへき地等医療機関への派遣を行います。
  • 自治医大卒医師のキャリア形成の助言を行います。
  • 三重県、三重大学、市町その他医療機関等からなる運営協議会の設置・運営を行います。

地域医療支援センター分室(三重大学)

  • 三重専門医研修プログラム登録者への支援を行います。
  • キャリア支援申込の受付を行います。(申込は随時受け付けています!)
  • キャリア形成に関する相談に応じます。
  • ホームページ上でキャリア形成支援の取り組みや研修会開催状況等の情報を提供します。
  • 支援センターニュースによる情報提供を行います。
  • 学生への情報提供を行います。
  • 医師・医学生のキャリア形成に関する問い合わせに対応します。
  • 三重県地域医療支援センターサイトの運用を行います。
  • 県内医療機関の勤務環境整備への取り組みについて支援します。

構 成 員

三重県地域医療支援センター(主体)

センター長 三重大学長
副センター長 三重大学医学部附属病院長
三重県健康福祉部医療対策局次長
専任医師 3名
コーディネーター 1名
専従職員 3名
事務局 事務局長(地域医療推進課長)
事務局員(地域医療推進課職員)※専従職員1名含む

運営協議会

会 長 三重県病院協会理事長
副会長 三重大学医学部長
三重県市長会(名張市長)
委 員 三重県医師会会長
三重県病院協会副理事長
三重県町村会(御浜町長)
東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター教授(所長)
東京大学医科学研究所教授
志摩地域医療を考える会会長
中日新聞社編集委員
日経メディカルオンライン記者

三重県地域医療支援センター(県庁)

地域医療推進課職員(専従職員1名含む)

三重県地域医療支援センター分室(三重大学)

【専任医師】3名 【コーディネーター】1名  【専従職員】3名